ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

瑠璃光院~新緑が美しい春の特別拝観に行ってきたよ!インスタ映えするよ(笑)

【スポンサーリンク】

こんにちは、ねむねこです(*'ω'*)

瑠璃光院の春の特別拝観に行ってきました!

f:id:nemuneco-r:20180619131900j:plain

(これを書いてる時点では拝観終了してます。)

Instagramなどで見たことある方も多いと思います。

特に秋の特別拝観が人気があって、訪れる人もすごく多いようです!

見事ですよね!机に反射する紅葉が美しいです!

春の特別拝観での新緑も素晴らしいですよ!

ちなみに拝観料金は2,000円です。

写経とボールペンもらえますよ!

アクセス~駐車場はないので、公共交通機関で!

ここへのアクセスは公共交通機関のみです!

瑠璃光院近くに駐車場はありません。

公共交通機関は3つ。

叡山電鉄、京都バス、比叡山ケーブルです。

叡山電鉄八瀬比叡山口駅

この方法で来る人が一番多いと思います。ぼくもこれです。

出町柳駅からで乗車時間は14分260円、1時間に3本程度です。

駅から瑠璃光院までは徒歩5分程度です。

ワンマンカーですので、八瀬比叡山口駅で下車するときには

車両内で支払いをしていきます。ICカードも使えますよ。

ぼくは駅に出場タッチの機器があるのが見えたので、

先に降りようとしたらめっちゃ怒られました…(-_-;)

じゃああの機器は何なんだよ…。

京都バス「八瀬駅前」

京都バスも使えます。

京都駅からも出てたりしますが、乗り換えたりしたほうが早そうですね…。

同じ出町柳駅からでも230円と価格は同じですし、30分前後かかりそうです。

どこから来るかで変わるかもですが、叡山電鉄を使ったほうがよさそうです。

バス停から瑠璃光院までは徒歩7分程度のようです。

比叡山ケーブル「八瀬駅」

使う人はかなり限られそうですが、比叡山ケーブルの駅もあります。

ここから瑠璃光院までは徒歩5分程度です。

車の人は出町柳駅近くの京都市出町柳駐車場に

上に書いた通り、瑠璃光院近くに駐車場はありません。

出町柳駅近くに京都市出町柳駐車場がありますので、

そこに駐車して電車を利用してください。

いざ瑠璃光院へ!最初から終わりまでずっときれい(*'ω'*)

瑠璃光院とは!

瑠璃光院は、京都市左京区上高野にある寺院。岐阜市に本坊を置く「浄土真宗無量寿光明寺」の支院で、本尊は阿弥陀如来

もともと別荘として造営されたもので、1万2000坪の敷地に数寄屋造りの建物と日本庭園を有する。通常は非公開だが、春と秋に公開している。書院2回の机の天板に庭のカエデが映り込む光景で知られている。

Wikipediaより引用

です。お寺の支院なんですね!

山門前には行列用のスペースが。土日はここがいっぱいになったんでしょうね。

f:id:nemuneco-r:20180619135431j:plain

山門から美しいです。入ってすぐに拝観料金を支払います。 

f:id:nemuneco-r:20180619132152j:plain

書院までのお庭もとてもきれいです。 

f:id:nemuneco-r:20180619132411j:plain

書院に入ると、2階に行くように案内されます。

2階には撮影スポットと写経をするスペースがあります。

 f:id:nemuneco-r:20180619133143j:plain

机周りです。平日昼間でこんな感じです。

f:id:nemuneco-r:20180619133207j:plain

f:id:nemuneco-r:20180619133215j:plain

f:id:nemuneco-r:20180619133228j:plain

土日や秋はもっと多いんでしょうねー。

サクサク撮っていきましょう。

f:id:nemuneco-r:20180619144202j:plain

一階に降りると瑠璃の庭をゆったり見れるお部屋になっています。

f:id:nemuneco-r:20180619133700j:plain

庭には降りれません。

お茶とお菓子(1000円)をいただける席もあります。

f:id:nemuneco-r:20180619133800j:plain

ゆったりとお庭を楽しめますよ!(僕は食べてないけど)

この他にも臥龍の庭喜鶴亭(茶室)など見どころがあります。

f:id:nemuneco-r:20180619144626j:plain

臥龍の庭

f:id:nemuneco-r:20180619144632j:plain

喜鶴亭(茶室)

無料のほうじ茶をいただきながら、庭を眺めてぼーっとできます。
※茶室には入れません。

撮り方で注意するのは1つ!机に近く、低い位置から撮ると反射が大きくなるよ!

 瑠璃光院の撮影ポイントはめちゃわかりやすいです。

建物に入ってすぐに案内される2階の「書院」。

ビカビカ反射する机があります。それが撮影ポイントです。

撮り方で注意することは1つだけ。

なるべく机に近く、低い位置から撮ることです!

f:id:nemuneco-r:20180619134440j:plain

立って撮ったやつ

f:id:nemuneco-r:20180619134454j:plain

ほぼ机の高さで撮ったやつ

机が新緑をうまく反射するようにカメラを動かしながら撮ってください。

カメラを机に乗せてしまう人もいましたが、

それをすると机が傷・汚れがつくかもですし、

他の角度から撮っている人のカメラに入ってしまって邪魔になります。

f:id:nemuneco-r:20180619135023j:plain

邪魔でしょ?

熱中しすぎて他の人の邪魔にならないように注意しましょう。

(ぼくもやけど。)

ちょっと愚痴

場所を占拠するんじゃねぇよ

撮影は2階の机周りに集中するので、けっこう混みあいます。

拝観料金が高いので納得できるまで写真が撮りたいのはわかります。

が、いつまでも同じ場所で撮り続けてるんじゃねぇよなー。

特にその場で写真を見せ合ってるやつらは蹴ってどかしていいんじゃかなー。

なかなか一発で思い通りには撮れないですが、周りには気を配りたいですよね。

(その光景をゆっくり見たい人には当然文句はないです。)

撮影会はほどほどにしろ

写真に入りたいのはわかりますよ。

でも狭いスペースでそんなことしたら他の人のカメラにも写りこむだろ。

なに何枚もポーズ変えて撮ってるんだよ。

おめーらが入ったら、写真は悪くなる一方だろうが。

やることに関しては文句はないですが、早く済ませてほしいですよねー。

ちなみに2018年からは机周りといっても手前の2辺のみになってました(笑)

苦情が入ったんでしょうねー。柵がありました。去年は奥まで入れてたのに。

マナーの悪い人のせいで制限が増えるのは残念です。

近隣の観光スポット

ルイ・イカール美術館

f:id:nemuneco-r:20180619140723j:plain

フランスの画家ルイ・イカールの作品が展示されている美術館です。フランス・パリと京都市姉妹都市提携が50年経過し、2都市の国際文化交流をさらに深めることを主旨に、瑠璃光院の一角に誕生しました。

ルイ・イカール美術館公式HPより引用

 ここは瑠璃光院の特別拝観時に一緒に開館しているようです。

期間中は無料で入館できます。

八瀬もみじの小径f:id:nemuneco-r:20180619141559j:plain

ここは比叡山ケーブル「八瀬駅」横にあります。

広いスペースにもみじがたくさん!

紅葉の時期はすごいんでしょうね( *´艸`)秋も来ないと!

まとめ

〇アクセスは叡山電鉄がおすすめ!

〇写真は低い位置からがおすすめ!

〇瑠璃光院近隣のスポットも要チェック!

次は秋の特別拝観です!

春以上の混雑が予想されます。

朝の開館時間に合わせて行くのがいいと思います。

瑠璃光院終わった後は八瀬もみじの小径もぜひ!

 

そんな感じでおわりです!

読んでいただき、ありがとうございました(*'ω'*)