ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

どっちがお得?退職後の健康保険は任意継続?国民健康保険?

【スポンサーリンク】

f:id:nemuneco-r:20180710014743j:plain

こんにちは、ねむねこです(*'ω'*)

退職後すぐに決めないといけないことがいくつかあります。

今回は健康保険です。

※2018年7月18日追記 

【スポンサーリンク】
 

退職したら健康保険はどうなる?

就職すると会社の健康保険組合に入るので、

会社から保険証をもらいますよね。

病気・ケガをするとそれを病院に出して、

ぼくらの払う医療費は3割になります。

退職後は会社の健康保険組合からも脱退になるので、

無保険状態になります。

そうなると病院での医療費は100%になります。

風邪でも超高額に…。悪夢や…。

ということで最低でも国民健康保険には入らないといけません。

国民健康保険と社会保険の違い

f:id:nemuneco-r:20180710015106j:plain

会社を辞めて再就職しない場合は

社会保険から国民健康保険に切り替えが必要になります。

この2つの違いをまず押さえましょう。

国民健康保険

対象:個人事業主・無職など

加入団体:各市町村

扶養:なし。家族が多いと保険料が増える。

保険料:全額自己負担

社会保険

対象:会社員

加入団体:各健康保険組合

扶養:あり。扶養家族なら保険料は上がらない。

保険料:会社と半額ずつ。

【スポンサーリンク】
 

退職後の選択肢~任意継続か国民健康保険

f:id:nemuneco-r:20180710015621j:plain

退職後の健康保険で取れる選択肢は再就職するかどうかまず変わります

1.再就職する場合

 →再就職先の健康保険に入る。

転職先が決まって辞める場合はこれですね。単純!

 

2.再就職しない場合

①退職した職場の健康保険継続する(任意継続)

任意継続するためには

退職前に被保険者期間が2ヶ月以上ある必要があります。

その期間継続して働くと、

2年間は現在(退職前)の勤務先の保険組合に入って

「任意継続被保険者」となることができます。

退職日翌日から20日以内に自分で手続する必要があります。

手続きは各健康保険組合にて行います。

なるべく早く行いましょう!

 

健康保険料は辞める前の約2倍かかります。

働いている間は会社が半分負担していますが、

退職後は全額自己負担になります。

 

単純に2倍になるわけではなく、

退職時の「標準報酬月額」

加入していた健康保険の「標準報酬月額の平均」

比較して、低い方の額で計算した保険料の負担になります。

また保険料は原則2年間同額です。

 

標準報酬月額は4~6月の給与など(基本給・残業手当・通勤手当など)の

平均額を等級表に当てはめたものです。

その間にボーナスがある場合はそれも含みます。

毎年9月に改定され、原則1年間同じ保険料になります。

ということは4~6月の給与を抑えれば、9~翌年8月の保険料は

安くなるんですね!この3ヶ月は残業を抑えるといいかもですね。

 

参考として全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険料額表を貼っときます!

平成30年度保険料額表 | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

②各市町村の国民健康保険に加入する

国民健康保険組合に加入する場合は、

退職日翌日から14日以内に手続きになります。

必要なものはマイナンバー、印鑑、健康保険の資格喪失証明書等です。

 

資格喪失証明書は現在の勤務先で作ってもらわないといけません。

あらかじめ作ってもらっておいて、スムーズに受け取れるようにしましょう。

 

健康保険料は前年の1月~12月の所得から決まります。

目安は以下のリンクを参考にしてください。

「平成30年度 国民健康保険料 目安表」

 

国民健康保険の加入手続きも、退職後なるべく早くしましょう。

 

③家族の扶養となって、家族が入っている健康保険の被保険者になる。

扶養になれるといいですねー。保険料かかりませんから。

ちなみにぼくはなれません(笑)

被保険者になるには条件があります。

 

被扶養者の収入限度

59歳以下:年収130万円未満

60歳以上(または59歳以下の障害年金受給者):年収180万円未満

 

ぼくはこれに引っ掛かります。

 ちなみに失業給付も収入に含まれます。

同居の場合は被保険者の年収の半分未満というのも条件になります。

 

被扶養者の範囲である、後期高齢者に該当しないなど

その他の条件は以下のサイトに詳しく掲載されてたので、

見てみてください。

 被扶養者の認定基準

【スポンサーリンク】
 

まとめ|任意継続と国民健康保険はどっちがお得?任意継続がおすすめ

f:id:nemuneco-r:20180710002046j:plain

任意継続と国民健康保険でどちらがお得かは人によります!

ただ多くの場合は任意継続にするのがおすすめです。

 

扶養家族がいる場合は任意継続でほぼ間違いありません。

また前年の所得が高い場合も任意継続のほうが安くなるでしょう。

まぁ高いといっても

 

どういう場合で国民健康保険のほうがお得になるのか?

2年間の総額が安くなるのはどちらか?です。

今年の年収ががっつり低くなると来年の保険料ががっつり安くなります。

うーん。あんまり今年の年収ががっつり低くなるとか考えたくない…(笑)

 

ひとり暮らしの場合でちょっと考えてみます。

新卒の平均月収が約20万なので、ボーナスがあると年収約300万

この額を前提条件にします。

※任意継続できるのは2年以上継続して働くことが必須です。

 

国民健康保険と全国健康保険協会の保険料を比較すると

 

国民健康保険:年額31万7203円(2万6434円)

全国健康保険協会:年額24万4080円(月額2万340円)

 

となります。

任意継続すると2年間合計で48万8160円

 

国民健康保険料2年目の総所得額33万円で

保険料が年額6万3000円になると仮定すると

2年間合計(1年目31万7203+6万3000円)

38万203円。

 

こうなると国民健康保険のほうが安くなりますね。

2年目の総額所得が75万円未満だと国民健康保険のほうが安くなります。

 

ただそうなると今年の年収が恐ろしく低くなるので現実的じゃないです。

最初の前提条件だと貯金もあまりないですよね。

そうなるとひとり暮らしだと食費・家賃・光熱費・通信費が必要なので、ある程度お金を稼がないといけなくなりますよねー。

 

実家暮らしでニートか最低限のお金だけ稼ぐフリーターにでもなるならいいかもです。

 

また退職後任意継続にしておいても、途中で資格喪失して国民健康保険に切り替えることもできます。

 

退職後1年目は任意継続のほうが安くても、2年目には国民健康保険のほうが安くなる場合もあります。

1年目の年収が低くなると2年目の国民健康保険料が安くなるからです。

その場合は2年目から資格喪失するようにしましょう。

 

ということで大半の場合はとりあえず任意継続がおすすめです。

※計算は個々の所得や住んでいる市町村でかなり違いが出てきます。

 

国民健康保険は各自治体の窓口に問い合わせると

保険料を計算してくれるようなので、

事前に問い合わせて比較するのが一番確実ですよー。

※2年目の保険料がどうなるかも年収確定次第調べておきましょう。

 

ぼくの場合は任意継続がお得なので、任意継続する予定です。

こういうのを考えるのはしんどいですねー。

何も考えずにすんだ会社員時代がすでに懐かしい(笑)

 

そんな感じでおわりです!

読んでいただき、

ありがとうございました(*'ω'*)

【スポンサーリンク】