ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

企業年金|確定拠出年金(DC)と確定給付型企業年金(DB)の違い

【スポンサーリンク】

企業年金には

  • 確定拠出企業型年金(以下企業型DC)
  • 確定給付型年金(以下DB)

の2通りあります。

この記事では企業型DCとDBの違いについて説明していきます。

ちなみに確定拠出年金には個人型確定拠出年金(iDeCo)もあるのですが、企業が退職金制度に利用するのは企業型DCとDBなので、今回は省略します。

企業型DCはDBより会社の負担が少ない

近年、企業型DCを採用する会社が増えています。
DBと比べ、企業型DCの方が会社の負担が少ないからです。

それぞれの特徴

DB

  • 「給付額」を先に決定
  • 運用は金融機関、責任は会社

企業型DC

  1. 「拠出額(掛け金)」を先に決定
  2. 運用・責任は従業員本人

運用の流れ

DB

  1. 将来の給付額を確定
  2. 年金資産を一括して企業もしくは金融機関が運用・管理
  3. 決まった額が加入者に支払われる

企業型DC

  1. 掛け金を確定
  2. 加入者ごとに資産を運用・管理
  3. 運用実績に応じた額が支払われる

仕組み|DBは給付額ありき、企業型DCは拠出額(掛け金)ありき

DB

特徴であげたように、DBは先に給付額が決まります。
企業が給付額を約束するということですね。
これが企業にとって負担になる原因になります。

「退職金が〇〇円」と先に給付額が決まっているので、想定の運用利回りより低い実績になると、足りない金額を企業が穴埋しないといけません。
これが企業にとって、重い負担になります。

企業型DC

これに対して企業型DCは拠出額が先に決まっています。
DBと違って運用実績によって、給付額は変動します。
運用掛け金を企業が出す形になるので、想定される運用利回りが低くなっても会社は穴埋めの必要はなく、会社の負担は変わりません。

運用|企業型DCでは運用を自分でやる

またDBと企業型DCでは運用者も違います。

DB

DBは運用は金融機関が行い、運用の責任を会社が負います。

DBなら運用は完全にお任せで、給付額は企業に保証されています。
ただし倒産した場合や運用実績、企業の業績がめちゃめちゃ悪い場合、減額の可能性があります。

企業型DC

企業型DCは運用を従業員本人が行い、責任も自分で負います。
給付額は運用実績によって変動します。

会社は掛け金を出すだけになるので、DBと比べて負担は少なくなります。

転職時の扱い

DB

DBは退職時に一時金で受け取る、将来年金として受け取る、転職先の企業または企業年金基金に移行すると複数できることがあります。

転職先への移行は、転職先によってできない場合がありますので、転職前に確認しましょう。

DBから企業型DCへの移行も可能です。

  1. 脱退一時金で受け取り、脱退後1年経過していない
  2. 脱退一時金を企業年金連合会に移管

この2通りの場合、脱退一時金相当額を転職先の企業型DCに移せます。

ただし

  1. DBの年金受給権
  2. 企業年金連合会の老齢年金給付の受給権

この場合は移管できません。

企業型DC

企業型DCの場合は、原則60歳まで資産を引き出せないので、運用を続けないといけません。

転職先の企業が企業型DCを採用していた場合は、転職先で比較的簡単に手続きできます。
ですが会社ごとに運用商品が違うので、運用商品の選び直す必要があります。

転職先が企業型DCを採用していない場合は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移管しないといけません。
放置しておくと国民年金基金連合に自動移管されます。
そうなると各種手数料が取られ続けるので、資産がどんどん減っていきます。

 

DBと企業型DCを併用している会社もある

会社によって

  • DBのみ
  • 企業型DCのみ
  • DBと企業型DCの併用

とそれぞれ違っています。

現在はDBと企業型DCではDBを採用している会社が多くなっていますが、年々企業型DCを採用する会社が増えています。

DBと企業型DCを併用する会社もあります。
ぼくが働いていた会社ではDBのみから一部を企業型DCに移行して、DBと企業型DCの併用になりました。

退職金一時金制度は怖い

ここまでは企業年金につい書きましたが、ここで退職一時金制度にも触れます。

退職一時金制度と企業年金が違うところは

  • 会社の内部留保で支払う
  • 退職金を事前も積み立てる義務がない
  • 給付は一時金のみ

この3つです。

まぁ退職金が一時金のみなのは置いておきます。

退職一時金制度の怖いところは、事前に積み立ててないので
倒産時などに退職金が十分もらえない危険があります

その点、企業年金では「外部で計画的に積み立て」られていますので、まだ安心です。

転職する時には事前に確認しましょう

転職時には、退職前と転職先の企業年金制度によって、対応が変わってきます。

企業年金制度で転職先を選ぶことはないと思いますが、企業型DCの会社からそうではない会社に転職する場合は個人型(iDeCo)への移管が必要になります。
その分、やるべきことが増えますので、スムーズに転職するためにも事前に確認しておきましょう。

転職に興味があるなら、まず転職サイトに登録

転職に興味がある方は、まだ興味の段階でも、まずは転職サイトに登録しておきましょう。
もし今すぐ転職する気がなくても、転職サイトに登録しておくのがおすすめです。

いざ転職しようという気になっても、心身ともに限界になってからでは、登録する気すら起きなくなります。
しんどい状況では、転職サイトの登録すら高いハードルとなってしまいます。
まだ余裕があるうちに登録しておきましょう。

また希望の条件を登録しておくと、条件にあった新規の求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届きます。
気になる求人情報をストックしておくだけでも「転職」という選択肢が頭に出来て、いざという時にスムーズに転職活動に移ることができます。
仕事を続けるにしても、頭に転職という選択肢があると、気が楽になりますよ。

転職に興味があって、転職サイトに登録していないなら、あなたは損をしているとも言えます。
転職求人はタイミングが大事です。
求人は採用が決まり次第なくなります。
あなたの憧れの企業が求人を出していても、登録していなければ、それを知ることすらできません。
登録無料なので、登録するかしないか、それが憧れの企業との縁を作るかどうかの分かれ道かもしれません。

またいろんな企業が求人を出しているので、見ているだけでもおもしろいです。
業界内で自分が働いている条件が良いのか悪いのか、他の業界と比べるとどうなのか、ということもわかるので、今後の身の振り方の参考になります。

繰り返しになりますが、転職サイトは登録無料です。
今すぐ転職する気がなくても登録しておきましょう。
今後の人生を好転させる、いいキッカケになるかもしれませんよ。

まず登録するなら登録者数や求人数が多く、取り扱っている業界も広い大手の転職サイトに登録しておきましょう。
おすすめは業界最大手の転職サイト「リクナビNEXT」です。

転職した方の約8割がしているという登録者数、求人数もポイントですが

  • 本格的な自己j診断「グッドポイント診断」
  • 転職活動前に知っておきたい「転職のノウハウ」
  • 第一線で活躍するプロのお話「プロ論。」

などコンテンツも豊富です。

最初の1つ、とりあえず登録するという方は「リクナビNEXT」への登録がおすすめです。