ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

初心者向け花火の撮り方|これを押さえておけばきれいに撮れるよ!

【スポンサーリンク】

那智勝浦花火大会

こんにちは、ねむねこです(*'ω'*)

 

お盆も終わって夏も終わろうとしてますが、

今回は「花火の撮り方」についてです! 

 

今年は

 

天神祭奉納花火」「長浜・北びわ湖大花火大会

堺大魚夜市」「那智勝浦花火大会

 

と4つの花火大会に行きました!

 

今年は残り泉州 光と音の夢花火」

行く予定です。(まだまだ行きたい)

 

 

 

 

まずは準備!|カメラ、三脚、リモートレリーズが必須!

長浜・北びわ湖大花火大会


まずは準備からです。

花火撮影に必ず必要なのは

 

カメラ、三脚、リモートレリーズ

 

です。

 

カメラ本体は当たり前として、

三脚、リモートレリーズは

いわゆる長時間露光撮影のために必要です。

 

長時間露光とはシャッターを1秒以上開いたまま

露光させることです。

こうすると花火が線状に撮れます!

 

インスタグラムなどでよく見る花火写真は

必ず長時間露光で撮影されています。

 

シャッターリモコンみたいな感じのやつです(語彙が…)

カメラのシャッターボタンを直接押さずに、

シャッターを切れるのでブレを防げます。

 

長時間露光でシャッターボタンを直接押すと、

ゆるくブレますよ(笑)

 

▼先のほうがゆるくブレてる(笑)

天神祭奉納花火

 

▼ぼくが使ってるのはこれ

 

NDフィルターもあると花火の白とびが

軽減できるので〇です!!

NDフィルターは減光フィルター。

ND4は光量が1/4、ND8は1/8になります

ISO100ならND4、ISO200ならND8がおすすめです。

 

 

設定|マニュアル、ISO100~200、絞りF8~13、SSバルブ、ホワイトバランス

堺大魚夜市の花火

次は設定です。

 

 

これを基本に撮影してます。

 

ISO感度と絞りで明るさ調整

明るさはISO感度と絞りで調整します。

 

撮って暗い場合

  • ISOを上げる
  • 絞りはを絞る(F値を上げる)

 

撮って明るい場合

  • ISOを下げる
  • 絞りを開く(F値を下げる)

 

こんな感じで対応します。

ISO感度は上げすぎると

写真にノイズが入ります。

200までにしておいて、

F値で調整するのがいいでしょう。

 

多少暗い程度だったら、

あとから写真加工ソフトで修正できるので、

暗めで撮っておくのがいいですよ(*'ω'*)

 

花火はマニュアルモードでバルブ撮影を!

マニュアルモードだとシャッタースピード

バルブというのが選べます。

 

シャッタースピードのバルブというのは

シャッターボタンを押している間、

シャッターが開き続けるモードです。

 

シャッタースピードがコントロールできるので、

花火の線の長さを調整したり、

花火以外の風景の明るさを調整するのに使います。

 

シャッターが空いている間に

打ちあがった花火が1枚に入るので、

写真を豪華にしたいときにも便利です。

 

ただ1発ずつ打ちあがるときには

大体似たような位置になるので、

ゴチャついたり白とびしない

ように注意が必要です。

 

ホワイトバランス|和火:太陽光、洋火:電球

花火には「和火」「洋火」があり、

それぞれ適切なホワイトバランスが違います。

 

和火は暗めでオレンジ色の花火。

洋火はカラフルで豪華な花火です。

 

それぞれホワイトバランス・色温度

  • 和火:太陽光、4500K
  • 洋火:電球、3200K

Kはケルビンという単位で色温度を表します。

色温度を設定できるカメラなら、

まずこれに設定して、

写真を見ながら変えていくといいでしょう。

 

ですが、初心者なら太陽光、電球で切り替えればOKです!

 

さらに面倒なら電球で固定でもいいかと思います!

洋火のほうが豪華に見えるので、

そっちに合わしておくと後から満足できます(*´ω`*)

空も青っぽくなるのでなんかいい感じです(笑)

 

あ、オートでも問題はないですよ!

 

その他|三脚で長時間露光する場合はノイズ低減や手振れ補正をOFF

三脚・リモートレリーズがあるので、

長秒時のノイズ低減・ノイズリダクションと

手振れ補正をOFFにしましょう。

 

シャッターを切った後に

補正処理に入ってしまい、

その間はシャッターが切れません(´;ω;`)ウッ…

 

 

いざ花火撮影!|ピントはオートで!シャッターは打ちあがったら押す!

那智勝浦花火大会

いざ撮影!ということで、撮影時の注意点を書いていきます!

 

ピントはまずオートで合わせて、マニュアルで固定!

まずはピント合わせですね。

 

打ちあがる前に合わせるのは難しいので、

最初に打ちあがった花火を

オートフォーカスでピントを合わせましょう。

 

ピントがあったらマニュアルに変更して、

ピントを固定します。

 

テープでフォーカスリングを固定すると

確実にです!

ぼくはそこまでしてませんが…(笑)

 

シャッターを開けるタイミング|打ち上げ音が聞こえたら開ける!

シャッターを開くタイミングは

花火の打ち上げ音が鳴ったら開けましょう!

閉じるのは花火が消えるタイミングです。

 

スターマインのように一気に打ちあがりまくる花火は

数も明るさもありますので、

開けすぎると白とびしちゃうので注意してください!

 

花火撮影でカメラ以外で重要なこと|場所取り!みんな場所取り早すぎるよ!!

花火を撮るために一番大事かもなのが、

「場所取り」です!!

 

大きな花火大会では前日から場所取りしてる人、

前日からの場所取りを禁止しているところでは、

早朝から場所を取ってる人が盛りだくさんです…。

 

正直ついていけません(笑)

好きというか、仕事じゃないと無理です(笑)

 

楽に場所取りするには、

  • 有料席を購入する。
  • 遠くからでも見れる穴場を探す。
  • 事前に調べてなるべく人が少ない花火大会に行く。

くらいしかありません…。

 

最近は穴場だったところもだいたい人がたくさんいます。

場所の奪い合いが熾烈なので、

ぼくは大きな花火大会ほど行きません(笑)

みなさんの写真で楽しませていただいてます!!

ありがとうございます!!

 

まとめ|最初は事前準備が重要!そしてとにかくたくさん花火を撮りましょう!

 

長浜・北びわ湖大花火大会

最初は事前準備が肝心です!

打ち上げ前にセッティング・設定をして、

万全の準備をしましょう。

 

今週末にはまだまだ大きな花火大会があるので、

まだ花火を撮ったことのない人は

挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

やっぱり数をこなさないと、

うまくはならないと思います!!

 

そんな感じでおわりです!

読んでいただき、ありがとうございました(*'ω'*)

 

関連記事・・・下に行くほど上達してるはずです(笑)

>>天神祭奉納花火に行ってみたよ!花火撮影は場所取りがすべて! - ねむねこらぼ

>>長浜・北びわ湖大花火大会に行ってみた! - ねむねこらぼ

>>大阪花火の穴場!!堺大魚夜市の花火に行ってきた - ねむねこらぼ

>>関西の花火大会|和歌山県・那智勝浦花火大会に行ってきた! - ねむねこらぼ