ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

神戸ルミナリエ2018に行ってきた|当日のルミナリエの各作品写真とアクセス

【スポンサーリンク】

 

こんにちは、ねむねこです(*'ω'*)

 

今年もルミナリエに行ってきました!

この記事では、今年のルミナリエに行った当日の様子と作品の写真、あとアクセスを紹介します。

【スポンサーリンク】
 

神戸ルミナリエの概要

まずは抑えておくべき、ルミナリエの趣旨を。

阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を永く後世に語り継いでいくとともに、まちのさらなる魅力発信と神戸地域への集客を目的に開催する。

引用元:神戸ルミナリエ

震災犠牲者の鎮魂」と「震災の風化防止」、「まちの魅力発信」というのが大事なポイントですね。

【スポンサーリンク】
 

神戸ルミナリエを歩く

元町駅~ルミナリエ会場まで

神戸ルミナリエまではJR・阪神「元町駅」から誘導に従って歩いていきます。

ちなみに時間は19時30分前からスタートしました。

▼元町駅

兵庫|神戸ルミナリエ

暗いですね(^_^;)

▼人が詰まってます

兵庫|神戸ルミナリエ

歩くペースは人それぞれで、スペースが割とあります。

ぼくみたいなお一人様や、二人組などは結構前にスイスイ行けたりしました。

 

▼大丸神戸店

兵庫|神戸ルミナリエ

要塞感があるといつも思います。

ここまで来たら後少しです。

 

兵庫|神戸ルミナリエ

この装飾された並木道を過ぎると

兵庫|神戸ルミナリエ

ルミナリエ会場です!

 

元町駅からここまで、約30分でした。

ルミナリエ会場

フロントーネ&ガレリア・コペルタ&ガレリア

フロントーネ

兵庫|神戸ルミナリエ

この正面の作品がフロントーネというようです。

兵庫|神戸ルミナリエ

 

ガレリア・コペルタ

兵庫|神戸ルミナリエ

このアーチというかトンネルみたいになっている作品が「ガレリア・コペルタ」です。

兵庫|神戸ルミナリエ

今年のこのガレリア・コペルタがめっちゃ好きです。

下手でもなんとなくいい感じに撮れる(*^^*)

 

ガレリア

兵庫|神戸ルミナリエ

このガレリアは一つ一つ独立しています。

このように連なってるように撮るといい感じです。

兵庫|神戸ルミナリエ

▼バラけるとこんな感じ

兵庫|神戸ルミナリエ

兵庫|神戸ルミナリエ

で、ここを過ぎると東遊園地に入ります!

 

ここまでは後続のお客さんも多く、立ち止まらないように、歩きながらの撮影になります。

ちょっとブレてたり、傾いていたりするのはご愛嬌ということで(笑)

東遊園地

カッサ・アルモニカ&スパッリエーラ

兵庫県政150周年作品

兵庫|神戸ルミナリエ

東遊園地に到着するとまずこれが迎えてくれます。

去年は神戸港開港の周年作品があったなー。

 

カッサ・アルモニカ&スパッリエーラ

兵庫|神戸ルミナリエ

兵庫|神戸ルミナリエ

これがメインの作品です。

奥がカッサ・アルモニカ、左右がスパッリエーラという名称になります。

すごく左右に広いので、広角レンズで無理やり一枚に撮ってます。

めっちゃ歪んじゃったなー。

この作品前はお客さんがかなり多いです。

立ち止まって撮ってる人ばかりですしね。

 

▼カッサ・アルモニカ

兵庫|神戸ルミナリエ

兵庫|神戸ルミナリエ

リース(見えるかな?)に吊られている鈴めがけて募金のお金を投げ込んでいます(笑)

1.17希望の灯(あか)り

兵庫|神戸ルミナリエ

モニュメント建設に際して、ご遺族やボランティアグループの方々から、「やさしさ」と「思いやり」、そして「生きている証」としての灯りを灯したいとのご提案がありました。これを受けて新たに灯りの保存施設が追加設置されることになり、「1.17希望の灯り」が誕生しました。ここには、被災10市10町を巡って運んだ種火と47都道府県から寄せられた種火を一つにした灯りが灯されています。

引用元:神戸市:慰霊と復興のモニュメント1.17希望の灯り

この「1.17希望の灯り」で手を合わせている人も多く、このモニュメントの周囲は少し厳粛な雰囲気になっていました。

 

この「1.17希望の灯り」には碑文も刻まれています。

興味がある方は、上の引用元リンクから読むことができますよ。

ソロピース

兵庫|神戸ルミナリエ

 希望の灯りからすぐ見えるのが、このソロピースです。

ソロって、いっぱいあるやんとは思ったのは内緒。

希望の鐘&ラグビーワールドカップ記念作品

兵庫|神戸ルミナリエ

2019年に神戸でラグビーワールドカップが開催されるということで、奥がその記念作品になっています。

手前は「希望の鐘」というモニュメントで、この作品の下で鐘を鳴らすことができます。

(鐘を鳴らしたい人で行列になってた。)

噴水広場|踊る!KOBE光のファウンテン

東遊園地の南側にある噴水広場では、「踊る!KOBE光のファウンテン」が開催されています。

 復興のシンボルである「神戸ルミナリエ」をより多くのご来場者様に楽しんでいただく一助を担うことを目的に、神戸・兵庫から、食文化の魅力発信をする14の企業が手を携え、今年も「神戸ルミナリエ」の会場である噴水広場にて、神戸ルミナリエ協賛事業「踊る!KOBE 光のファウンテン」を開催するはこびとなりました。
神戸ならではのユニークな『食の逸品』のご提供、神戸の音楽文化であるジャズやフルートなどの魅力的なステージプログラムの実施、そして昨年に引き続き噴水広場に設置される「音楽に合わせて点滅する」ルミナリエ作品による音と光のショーの開催など、従来の「神戸ルミナリエ」には無かった賑わいゾーンを創出いたします。
一人でも多くのお客様に「踊る!KOBE光のファウンテン」を楽しんでいただければと思います。

引用元:神戸ルミナリエ協賛事業 踊る!KOBE光のファウンテン 神戸の逸品メルカート

スパッリエーラ

兵庫|神戸ルミナリエ

兵庫|神戸ルミナリエ

今年の噴水広場の作品は「スパッリエーラ」という噴水の周りをグルっと囲む形の作品でした。

兵庫|神戸ルミナリエ

噴水は出なくなっていて、こんな感じで水面の反射とセットで撮ってる人が多かったですね。

あと音楽に合わせて作品が光る「音楽と光のショー」というイベントがあります。

見ていて楽しいので、タイミングが合えば、ぜひ見てみてください!

(動画を撮ったんですが、データサイズが大きすぎるので、載せるのはやめました(^_^;))

イベント時間などの詳細は以下のリンクで確認してください。

>>イベント | 神戸ルミナリエ協賛事業 踊る!KOBE光のファウンテン 神戸の逸品メルカート

 

▼グルメ屋台

兵庫|神戸ルミナリエ

この「踊る!KOBE光のファウンテン」ではグルメ屋台がたくさん出ています。

温かい食べ物がたくさん出ているので、それを食べながら休憩している人もこのあたりには多くいましたよ。

(クラムチャウダー美味しそうだったな…)

晩ごはんには厳しいかもですが、ちょっと食べるくらいにはちょうど良さそうです。

>>グルメ | 神戸ルミナリエ協賛事業 踊る!KOBE光のファウンテン 神戸の逸品メルカート

神戸市役所1号館24階展望ロビー

メインのルミナリエ会場の次は「会場を上から見れる」神戸市役所展望ロビーに向かいました!

兵庫|神戸ルミナリエ

神戸市役所には、はじめて来ました。

東遊園地の北側、徒歩すぐにあります。

ロビーには待ちの行列がありましたが、回転が早く、あまり待たずに展望ロビーに行くことができました。

時間も21時前だったからかな。

 

ルミナリエ会場側の窓は沢山の人がはりついていますが、こちらも早めに場所を譲ってくださる方が多く、すぐに見ることができました。

▼三ノ宮駅側

兵庫|神戸ルミナリエ

見れる範囲は少ないので、あまり長居はしませんでした。

展望ロビーではカフェも営業していて、休憩している人もいました。

市役所1階ではトイレ休憩に来ている人も多かったですよ。

【スポンサーリンク】
 

ルミナリエへのアクセス

最後にアクセスについてです。

電車|最寄駅は元町駅

行きの最寄駅はJR・阪神「元町駅」。

神戸ルミナリエ会場をすべて見て歩くためには、元町駅から行かないといけません。

>>順路と交通規制

※会場は一方通行で、柵でルートが区切られているので横入りができなくなっています。

※メイン会場の東遊園地に直接行くことができます。

 

帰りは東遊園地から近い

JR「三ノ宮駅」・阪急「神戸三宮駅」・阪神「神戸三宮駅」

この3駅を利用する方が多いでしょう。

めちゃめちゃ混むので、できれば先に切符買うもしくは交通系ICカードを使うことをおすすめします。

車|駐車場

ルミナリエ用に駐車場は用意されていません。

周辺駐車場もまぁ満車です。

道路も渋滞するよ。

ですので、電車で来るか、少し離れた駐車場に停めるのがおすすめです。

こちらのブログが詳しいので、リンクを貼っておきますね。

>>ルミナリエの駐車場で安くて便利な場所は?周辺でおすすめは? | ココシレル

【スポンサーリンク】
 

まとめ

今回はガッツリとルミナリエを楽しむことができました。

19時半ごろから21時頃まで、1時間半ルミナリエにいましたよ。

 

帰りはすぐに三ノ宮駅に行かずに、ちょっとブラブラしていたんですが、21時を過ぎると、ルミナリエに向かう人がグッと減っていました。

誘導用に道路に立てられていた柵も徐々に撤去されていて、仕事終わりっぽい人たちがのんびりルミナリエ会場に向かっていました。。

フロントーネやガレリア・コペルタなどの作品をしっかり撮るなら、これくらいの時間帯に行くと良さそうです。

 

ぼくは神戸にはもっと早く来ていて、メリケンパークや南京町のライトアップも楽しみました。

その写真はまた別の記事に書いておきます。

 

けっこう寒くなっていますので、手袋、マフラーなどなど防寒はしっかりしておいたほうが良いですよ!

 

そんな感じで終わりです!

読んでいただき、

ありがとうございました(*'ω'*)

【スポンサーリンク】