ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

京都紅葉ひとり旅|毘沙門堂の見どころ・アクセス情報まとめ

【スポンサーリンク】

こんにちは、ねむねこです(*'ω'*)

 

先日投稿した下の記事

京都紅葉ひとり旅|毘沙門堂→琵琶湖疏水→南禅寺→永観堂→哲学の道18/11/15

これの個別記事を書いていきます。

 

今回は「毘沙門堂」です。

【スポンサーリンク】
 

毘沙門堂の紅葉見どころ

毘沙門堂へは電車で行きました。

最寄駅は山科駅

毘沙門堂へは徒歩で約16分(Googleマップ調べ)。

坂道を上っていきます。

ちなみにこの時、朝8時30分ごろ。

少ないながらも、拝観している人はいました。

 

▼最後の階段

▼仁王門

けっこう急です。

何人かすでにいらっしゃいます。

拝観時間は8時30分からなので、その前からいたんですね(笑)

 

▼ここから本殿~霊殿~宸殿へと入っていきます。

 

その前に高台弁財天にお参り

▼高台弁財天からの本殿

 

次に本殿に入っていきます。

ここでお参りして、靴を脱いで中に入っていきます。

拝観料は500円です。

 

中の御本尊などは写真に撮れないので、その他で撮れるところを紹介していきます。

▼本殿からの高台弁財天

このアングルがよく紹介されています。

 

晩翠園

宸殿の奥にあるお庭です。

ここは拝観料を払わないと、見れません。

▼双眼鏡も設置されてました(笑)

中で撮影できるのはこんな感じです。

撮影できないですが、中の見どころは宸殿の「動く襖絵(ふすまえ)」です。

襖絵を見ながら前を移動すると、机の長さが変わったり、めっちゃおもしろい。

逆遠近法で描かれているからこうなるんだそうです。

わかりやすく動くのでほんとおもしろいですよ。

 

見てもいい部屋の襖が閉まってたりするので、見逃さないように注意してください。

>>動く襖絵 | 毘沙門堂

毘沙門堂は敷もみじが最大の見所

さて毘沙門堂で一番有名な紅葉スポットが敷もみじです。

場所は勅使門の下の階段です。

最初に紹介したこの階段を上らずに、そのまま奥に進んでいくとあります。

▼ここ

▼上から。

この時はまだ紅葉自体が見頃になったことろで、まだ青いのもたくさん残っていたので、敷もみじには全くなっていませんでした。

毘沙門堂の人によると11月末ごろからじゃないと敷もみじにならないそうです。

 

▼ツイッターで拾った

 めっちゃキレイですね!

これが撮られたのが2016年11月24日なので、今週末以降がいいのかな…?

もう一週先かと思ってたなー。

 

公式サイトで紅葉見頃を紹介してくれていますので、見に行く前にチェックするといいかもです。

毎日更新してるわけではないですが(笑)

>>紅葉だより | 毘沙門堂

【スポンサーリンク】
 

毘沙門堂の紅葉情報

  • 紅葉見頃:11月中旬~11月下旬
  • もみじ祭り:11月23日(祝)13時30分~
  • 拝観時間:8時30分~16時30分(最終受付16時)
  • 拝観料金:500円
  • 住所:京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
  • TEL:075-581-0328

毘沙門堂へのアクセス

公共交通機関

使える公共交通機関は電車です。

最寄駅は山科駅

JR、地下鉄、京阪の駅になります。

主要駅からは

  • 大阪駅から約35分 840円
  • 京都駅から約4分 190円
  • 蹴上駅から約5分 260円
  • 大津駅から約4分 190円

こんな感じ。

(蹴上駅は南禅寺・永観堂が近いので一応)

 

駅からは徒歩約16分。

ずっと坂道なので、不安な方はタクシーを使うといいですよ。

ご年配の方も歩いてましたが、キツそうでした。

車・駐車場

駐車場は毘沙門堂に無料駐車場があります。

常設の駐車場は約20台ほど駐車可能ですが、桜や紅葉の時期は臨時駐車場が開設されます。

駐車可能台数は50~80台に増えます。

 

ですが紅葉見頃時期は混雑するので、公共交通機関推奨です。

駐車場が満車になるというよりは、めっちゃ道が混むかと。

山科駅から上の毘沙門堂への道路は広くないですし、生活道路なので。

 

各主要都市からの所要時間は

  • 大阪市から約1時間(有料区間あり)~1時間10分
  • 京都市から約23分~30分
  • 大津市から約16分~27分
  • 奈良市から約1時間(有料区間あり)
  • 神戸市から1時間16分(有料区間あり)~1時間40分

こんな感じです。(Googleマップ調べ)

紅葉時期の京都は混雑が予想されますので、時間はもっと多めに見積もっておいたほうがいいですよ。

【スポンサーリンク】
 

まとめ

こんな感じで、毘沙門堂は終わりにしました。

 

毘沙門堂は京都の中心部から少し離れた場所になるので、他のスポットに比べると空いていると思います。

混雑嫌いにおすすめ(笑)

 

今週末がひとつの混雑ピークになると思いますが、敷もみじはそれ以降も見られると思うので、来週以降の早朝に行くといいですよ。

(敷もみじが今週末に見られるかわからないし)

ぼくはそうする予定です。

  

そんな感じで終わりです!

読んでいただき、

ありがとうございました(*'ω'*)

関連記事

>>京都紅葉ひとり旅|毘沙門堂→琵琶湖疏水→南禅寺→永観堂→哲学の道18/11/15 - ねむねこらぼ

【スポンサーリンク】