ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

「仕事辞めてから○○する」は悪い?|辞めるリスクと辞めないリスク

【スポンサーリンク】

f:id:nemuneco-r:20180926035335j:plain

今回の記事は「辞めるリスク」と「辞めないリスク」について考えてみました。

仕事辞めてから○○するは危険

先日、KUMAPさんがこんなツイートをしていました。

ちなみにKUMAPさんはメディア事業を行う社長さんです。

めちゃ稼いでらっしゃいます(^_^;)

「会社を辞めてから〇〇する!」で仕事を辞めたぼくは、このツイートを見ていろいろ考えてしまいました。

この「仕事辞めてから〇〇する!が一番危険」という意見には同意です。
会社に在籍しながら起業もしくは副業ができれば、一番リスクが少なくてよいですね。
収入源も分散できるし、副業が稼げるようになれば、独立も可能ですからね。

ですが、ぼくはとりあえず辞めてしまいました(^_^;)

辞めるリスクと辞めないリスクを考える

f:id:nemuneco-r:20180926035505j:plain

ぼくが仕事を辞めた理由は「辞めないリスク」を重視したからです。

まず「辞めるリスク」について考えました。

  • 転職できなかったらどうしよう。
  • 収入が減ったらどうしよう。
  • (起業・独立するなら)失敗したらどうしよう。

などなど、主にお金のリスクですね。

  • 安定収入がなくなる。
  • 健康保険料は上がる。
  • 将来もらえる年金も減る。

怖いことがいっぱいです(-_-;)

次に「辞めないリスク」を考えました。
辞めないリスクとして考えたことは

  • いずれ体が壊れる
  • いずれ精神が壊れる
  • 自由な時間が少ない
  • 業界が縮小している&今後もする
  • 会社がずっと残るわけではない
  • 会社が残っても、リストラリスクあり
  • 手に職があるわけではないのもリスク
  • 職場で身につくスキルが汎用性小
  • リストラなどがあってから転職活動しても…

などなど、根がネガティブなのでガンガン出てきました(笑)

ちなみにぼくは某スーパーマーケットで正社員してました。
大きな店は仕事量がとんでもなく多く、小さな店は社員が少なくて1人当たりの仕事量は結局多くなります。

人員が足りているお店だと早く帰れるのですが、それでも帰って、お風呂入って、ごろんと寝転がれば夢の中です。
超疲れます。
朝が早いせいか寝不足になりがちで、休みもずっと寝てしまいます(-_-;)

転職活動をしていた時期もあったんですが、結果として少し病んでしまい、何もやりたくない状態になってしまいました。

このままだと大しておもしろくもないものに人生を支配されてしまう…。
ゾッとしました。

こんな感じで、長い間辞めるリスクと辞めないリスクを考えて、
この先収入が減ってもいいから、自由な時間が欲しい
と思い、退職を決意しました。

こういう人は辞めてもいい!でも休職もありよ

f:id:nemuneco-r:20180926035525j:plain

  • 金持ち。
  • 自由な時間がない
  • 過重労働や精神を追い詰められて思考力が奪われている
  • 辞めることしか考えられない
  • 明らかに会社がブラック

こういう人は辞めてしまったほうが良いです。
ま、金持ちはこんな悩みないか(笑)

過酷な労働環境にいる人、ブラック企業にいる人はホントに急いで逃げるべきです。
人生が潰されます。

人生は仕事だけで構成されていません。
自分が潰れる前に行動を起こしましょう。

ただ正社員の人は、それを捨てるのがもったいないという気持ちもわかります。
その場合は、まず「休職」するといいでしょう。

各企業によりますが、休職中は半年くらいの間、6~7割程度のお給料がいただけます。
世の中にはうつ病の診断書をもらうテクニックなんてものもあるようです。

▼この本に書いてました

会社の同期もうつ病で半年ぐらい休職して、辞めていきました。
ぼくはそこまで追い込まれたくなかったので、その前に辞めることにしました。

金銭的なリスクは、最低いくらで生活できるかを考える

辞めるリスクで主なお金については、

  • 貯金
  • 実家に帰る
  • 友達の家に転がり込む

など、無収入になったあとにどのように生活
収入がなくなっても、

  • 今の預貯金だとここまで生活できる
  • 最低いくら稼げば生活できる

というものをはっきり認識できていれば、メンタルも安定します。 

リスクや自分が重視をするものを考えよう

  • 「仕事辞めてから○○する」は金銭的にリスク
  • 職場環境が悪いなら、何もしない方がリスク
  • 可能なら、休職からはじめるのがいいよ
  • 金銭的なリスクヘッジをする

以上、紹介したKUMAPさんのツイートを見てから、ぼくが考えた「仕事やめてから〇〇する」についてでした。

辞めてからしばらく経過していますが、今のところは無事に生きています。
まぁ預金が毎月すごい勢いで減っているので、ハラハラしてますが(^_^;)

今のところ辞めたことに対する後悔はありません。
正直、会社に勤めている最後のほうは辞めることしか考えられなくなっていたので、そのころに比べると前向きに生きています(*^^*)

ぼくは辞めましたが、みんなも辞めたほうがいいというわけではありません。
辞めるリスクだけでなく、辞めないリスクも考えた方がいい、というのが言いたいことです。
それぞれのリスクや自分の人生、働く上で大事にしたいことを判断してください。

転職がチラつくなら、まず転職サイトに登録を

  • 転職が頭にチラつく
  • 少しでも今の働き方に疑問がある
  • 転職に少しでも興味がある

という方は転職サイトにまずは登録しておきましょう。
今すぐ転職する気がなくても、転職サイトに登録しておくのがおすすめです。

いざ転職しようという気になっても、心身ともに限界になってからでは、登録する気すら起きなくなります。
しんどい状況では、転職サイトの登録すら高いハードルとなってしまいます。
まだ余裕があるうちに登録しておきましょう。

また希望の条件を登録しておくと、条件にあった新規の求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届きます。
気になる求人情報をストックしておくだけでも「転職」という選択肢が頭に出来て、いざという時にスムーズに転職活動に移ることができます。
仕事を続けるにしても、頭に転職という選択肢があると、気が楽になりますよ。
もしメールが鬱陶しくなっても、簡単に配信停止できるので大丈夫です。

またいろんな企業が求人を出しているので、求人を見ているだけでもおもしろいです。
業界内で自分が働いている条件が良いのか悪いのか、他の業界と比べるとどうなのか、何てこともわかるので、今後の身の振り方の参考になります。

転職サイトは登録無料です。
今すぐ転職する気がなくても登録しておきましょう。

まず登録するなら登録者数や求人数が多く、取り扱っている業界も広い大手の転職サイトに登録しておきましょう。
おすすめは業界最大手の転職サイト「リクナビNEXT」です。

転職した方の約8割がしているという登録者数、求人数もポイントですが

  • 本格的な自己j診断「グッドポイント診断」
  • 転職活動前に知っておきたい「転職のノウハウ」
  • 第一線で活躍するプロのお話「プロ論。」

などコンテンツも豊富です。

最初の1つ、とりあえず登録するという方は「リクナビNEXT」への登録がおすすめです。