ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

気になる転職・退職時の有給消化|拒否されないために注意するたった1つのこと

【スポンサーリンク】

退職時の有給消化

今回は「転職・退職時の有給休暇消化」についてです。

この記事では

  1. そもそも有給休暇とは何か
  2. 退職時に有給休暇を消化できない理由
  3. 有給休暇を消化するための方法
  4. 有給休暇の買い取りについて

を紹介していきます。

転職・退職時に上手く有給休暇を消化したい人はぜひ読んでみてください。

1.そもそも有給休暇とは?|労働者の権利!

退職時の有給消化

正式名称「年次有給休暇」とは、労働基準法第39条で認められた権利です。
有給休暇を使うことで、休みながらもお金をもらうことができます。

この権利は雇用開始日から6ヶ月以上継続勤務し、全労働日数の8割以上出勤した労働者に与えられます。

これは正社員だけでなく、非正規社員も同様です。

ただし、週4日労働以下の場合は付与日数は週の労働日数に応じて少なくなります。

▼こんな感じで付与されていきます。

継続勤務年数 法定最低付与日数
半年 10日
1年半 11日
2年半 12日
3年半 14日
4年半 16日
5年半 18日
6年半以上 20日

有給休暇は翌年に限って繰り越しができるので、使っていなければMAX40日ということになります。6年半以降は毎年20日間付与されていきます。

1-1.有給休暇の取得率っていくつなの?

平成29年就労条件総合調査によると
年次有給休暇の取得率は49.4%
となっています。

なんでも
労働者1人平均取得日数は9日
だそうです。 

ホントにこんなに多いの?
参考リンク

平成29年就労条件総合調査 結果の概況|厚生労働省

1-1-1.ぼくが働いていた会社(スーパー)では

ぼくが働いていた小売業は
取得率34.9%、平均取得日数は6.4%
となっています。 

会社では一応有給休暇を取るための措置として、従業員に半期に2日の取得を義務付けていました。

ですが、実際に取っていた人はどれくらいいるのかわかりません(笑)

期末になってから、有給を申請して出勤している人を何人も見ました。
パート・アルバイトにこの2日間義務付けを伝えず、放置しているチーフやそれを黙認する店長・次長なんかもいる始末。
しかも、この半期で2日を有給取得の限度のように扱ってる人もいました。

クソですね(笑) 

ちなみにぼくはちゃっかり半期に2日以上取ってましたし、部下にもとらせてました。

1-2.原則、有給休暇は拒否できない

退職時の有給消化

有給休暇は申請すると会社側(正確には使用者側)は原則拒否できません。

上に書いたように、義務を果たして得た労働者の権利です。
拒否できません。

取得理由も会社に報告する義務はありません。
ぼくは会社の申請書に理由を書いたことなどありません。 
聞かれても適当にごまかしてました(笑)

ただし、その申請者が休むと業務に影響が出てしまう場合は取得時季の変更を促すことができます。(時季変更権)

○5 使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

引用:労働基準法

時季変更権は有給の拒否ではなく、別の日に変えてねってことです。
使用者側は変更日の指定まではしませんので、再度日を変えて申請する必要があります。 

なお時季変更権は、単に人がいないから~というだけでは使用できません。
例えば人がいないのは以前からで、それを会社側が放置していたなどの事情があれば、時季変更権は認められません。
シフト制の職場で、シフトを調整すれば有給を取らせても業務が可能なのであれば、そうしなければなりません。

まぁ従業員側が有給取得日を変更して、穏便に済ますことが多いと思いますが。

1-2-1.退職者へは時季変更権が使えない

退職者へは時季変更権は使えません。
退職日以降に時季を変えることが不可能なためです。

できることは、退職日を多少延期してもらえるように退職者と交渉するか、有給休暇の買い取り交渉くらいのものです。

辞める場合はこれをちゃんと知っておかないと、嘘で丸め込まれる恐れがあるので注意しましょう。

2.退職時に有給休暇を消化できない理由

退職時の有給消化

会社側は有給の取得日を変更はできますが、拒否はできません。
では、なぜ退職するときに有給が使えなかった、ということが起きるんでしょうか? 

2-1.転職先の出勤日が決まっていて、有給消化が間に合わない

よくあるのが、転職先の初出勤日が決まっていて、そこまでに有給を消化する日数が足りないということです。

例えば、有給が40日残っていると、通常の休みと合わせて約2か月間休むことができます。
ですが、転職先の初出勤日が1ヶ月後の場合は、取得できるのは1ヶ月間のみ。
この場合は未取得分の有給休暇はすべて捨てることになります。

在職中に転職先を決めてしまうと、こういうことが起こります。
転職先と話し合って有給消化後に出勤、とできればいいいのですが、転職先としてはなるべく早く来てほしい、という場合が多いです。

有給消をすべて消化したいなら、転職先の初出勤日にも注意してください。

2-2.会社が有給消化を拒否する

ブラック企業にありそうな、強引に有給消化をさせないという場合は以下の手順を参考にしてください。

労働組合があれば、労働組合に相談
↓ない、してもダメだった
総務部があれば、総務に相談
↓ない、してもダメだった
労働基準監督署に相談

ここまで来ると、だいたいOKです。
有給休暇の拒否は労働基準法違反なので、労基署が出てくると会社としてめちゃめちゃ困りますからね。

労働組合があるなら、労働組合への相談で解決できる場合が多いです。
労基署への相談より心理的なハードルも低いので、最初のアクションとしておすすめです。

2-3.労働基準監督署への相談手順

労働基準監督署への相談手順も紹介します。

社内で有給拒否の問題を解決できない場合、労働基準監督署へ相談に行きます。
労働基準監督署の相談員に事情を包み隠さず相談し、アドバイスをもらいましょう。
その後アドバイスを元に、会社側と再度交渉しましょう。
ここで
「労働基準監督署で相談したところ~」
など、労働基準監督署をチラつかせながら交渉すると、折れる可能性が高まります。

それでも折れない場合は、労働基準監督署に申告に行きましょう。

2-3-1.労働基準監督署への相談と申告の違い

相談と申告は明確に違っていて、

  • 相談はアドバイスのみ
  • 申告は労働基準監督署に対応を求める

ザックリとこんな感じで違いがあります。
よく労基署は動いてくれないという話がありますが、相談で終わってしまっている場合が多いです。
申告する場合でも、

最初から申告すれば、と思うのですが、
「もう一度会社と交渉しましょう」
などと最初は相談に切り替えられる可能性が高いです。

相談に切り替えられた場合は、
「次に来た時は申告する」
ということを言っておきましょう。
できれば、日時と相談員の名前を控えておくと、次に来た時に
「以前相談した時に~というアドバイスを貰い、ダメだったら申告する事になっていた」
というようにスムーズに申告できます。
(違う相談員になっても、申告しやすいです。)

労基署を通してもダメということはないとは思いますが、もしダメな場合は法的手段に訴えることになります。

2-3-2.申告する場合は違法性を示す証拠が必要

初回でも、二度目でも申告する場合は違法性を示す証拠が必要です。

できれば会社側との交渉をスマホやICレコーダーで録音しておきましょう。
あと、自分の有給休暇の残日数などがわかる資料(給与明細など)や就業規則、労働契約書なども揃えて持っていくと良いですね。

3.円満な有給消化のために、できるだけ早く意思を伝える

退職時の有給消化

円満に有給を消化、円満に退職するために必要なのは、希望退職日のできるだけ前から会社側に退職を伝えることことです。

具体的には「3か月以上前」には伝えておくとよいでしょう。
3か月前に伝えると、有給消化に2か月必要だとしても、1ヶ月は引き継ぎに使うことができます。 

会社からの引き留めで、思うように話し合いが進まないこともあるので、余裕を持つようにするといいですよ。

前の会社では、
自分の評価が下がるから
という理由で、部下を辞めさせないように、

  • 出勤日は会議室に缶詰
  • 休日に電話を入れる&呼び出す

など、妨害工作にいそしむクソな店長もいましたからね…。 

引き継ぎ業務などを踏まえ、できるだけ早く会社に退職の意思を伝え、退職日の相談を行うようにしましょう。

3-1.明日から来ない!は可能か?

以前いた会社で退職時に揉めに揉めて、
「もう辞めてやる!明日から来ないからな!」
という感じで辞めた人を何人か知っています。

そういう場合には、退職日を翌日に設定されるため、有給休暇を全て捨てることになったようです。
しかし、
「この日に退職します。明日から有給消化するんで、今日が最終出勤日です。」
は可能です。
上で書いたように、退職日が決まっていれば、会社側は時季変更権を使えませんからね。

これでも揉めることは目に見えているので、全くおすすめはできませんが(^_^;)

4.退職日の延期と有給の買い取り

退職時の有給消化

退職面談時に
「後任が決まるまでは働いてほしい」
などと、会社側から退職日の延期を申し入れられることもあります。
その時はもちろん拒否することも可能ですが、延期することもできます。 

延期する場合は、

  • 有給休暇の残日数
  • 有給以外の休日
  • 転職先の初出勤日

を確認して、職場最終出勤日のリミットを越えないように注意しましょう。

転職先の出勤日が決まっているなど、退職日が動かせない場合は 有給の買い取りを打診されることもあるようです。
これも拒否はできますし、買い取ってもらっても大丈夫なので、その時は自分で好きなように判断してください。

なお、
「1ヶ月後に辞めたい。でも有給が全て消化できないから残った分は買い取って!」
などと、自分から申し入れてもまず認められません。
会社側に有給の買い取り義務はないのです。
ですので、有給の買い取りは考えない方がいいでしょう。
それより、できるだけ早めに退職を伝えて、円満な退職を目指すほうがよっぽどいいですよ。

ちなみにぼくは2か月延期を打診されました。
しかし、そこまでやる気はなかったので、1か月延期して、ちゃっかりボーナス日に引っかけて辞めました(狙ってた)(*^^*)

まとめ|有給消化は権利!最後くらいきっちり取ろう

退職時の有給消化

  • 会社側は有給休暇消化を拒否できない
  • 消化できないのは、転職先への初出勤日までに消化できない場合
  • できるだけ早く(3か月前には)会社伝え、退職日と有給消化の相談する
  • 有給の買い取りは原則ない。
  • 強引に消化させないなど、労働基準法違反の場合は出るとこ出る

ぼくは3ヶ月くらい前、1ヶ月延期になったから都合4ヶ月に退職の意思を伝えました。
そのおかげで、有給はすべて消化できましたし、後任への引き継ぎもしっかりやって、円満に退職できました!

最後の1週間は暇で死にそうでしたが(笑)

退職時に有給をすべて消化することに気が引ける人もいるようです。
ですが、残っている有給はその分これまでしっかり働いてきた証拠ですので、遠慮せずに消化しましょう。
ぼくは全く気が引けなかったです(笑) 

明日から急に出勤をやめて、最後に憎き会社にダメージ与えてやる!
という考え方は、やめた方がいいですよ。
もう二度と関わらない人たちかもしれませんが、回りまわって、自分に悪影響があるかもしれません。
同じ業界で転職する場合は特にです。 

退職を考えている方は、うまく有給をすべて消化してくださいね!

転職に興味があるなら、まず転職サイトに登録

退職時の有給消化

この記事を見ている方の中には、「転職・退職する方」もしくは「転職・退職に興味がある方」がいるかと思います。

まだ興味の段階の方も、まずは転職サイトに登録しておきましょう。
もし今すぐ転職する気がなくても、転職サイトに登録しておくのがおすすめです。

いざ転職しようという気になっても、心身ともに限界になってからでは、登録する気すら起きなくなります。
しんどい状況では、転職サイトの登録すら高いハードルとなってしまいます。
まだ余裕があるうちに登録しておきましょう。

また希望の条件を登録しておくと、条件にあった新規の求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届きます。
気になる求人情報をストックしておくだけでも「転職」という選択肢が頭に出来て、いざという時にスムーズに転職活動に移ることができます。
仕事を続けるにしても、頭に転職という選択肢があると、気が楽になりますよ。

転職に興味があって、転職サイトに登録していないなら、あなたは損をしているとも言えます。
転職求人はタイミングが大事です。
求人は採用が決まり次第なくなります。
あなたの憧れの企業が求人を出していても、登録していなければ、それを知ることすらできません。
登録無料なので、登録するかしないか、それが憧れの企業との縁を作るかどうかの分かれ道になってしまいます。

また色んな企業が求人を出しているので、見ているだけでもおもしろいです。
業界内で自分が働いている条件が良いのか悪いのか、他の業界と比べるとどうなのか、ということもわかるので、今後の身の振り方の参考になります。

繰り返しになりますが、転職サイトは登録無料です。
今すぐ転職する気がなくても登録しておきましょう。
今後の人生を好転させる、いいキッカケになるかもしれませんよ。

まず登録するなら登録者数や求人数が多く、取り扱っている業界も広い大手の転職サイトに登録しておきましょう。
おすすめは業界最大手の転職サイト「リクナビNEXT」です。

転職した方の約8割がしているという登録者数、求人数もポイントですが

  • 本格的な自己j診断「グッドポイント診断」
  • 転職活動前に知っておきたい「転職のノウハウ」
  • 第一線で活躍するプロのお話「プロ論。」

などコンテンツも豊富です。

最初の1つ、とりあえず登録するという方には「リクナビNEXT」への登録がおすすめです。