ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

退職したときに考えた後悔|来るかもしれない後悔と確実に来る後悔

【スポンサーリンク】

退職して3ヶ月経過しました。

3ヶ月無職期間が続くと、転職が難しくなるようです。
無職期間が長いと、就労意識が低いとみられるようですね。

まぁわかる。
自分でもそういう人あんまり採りたくない。

じゃあ、現状後悔しているかというとそうでもありません。

グッドポイント

在職中に言われた「辞めると絶対後悔する」

ぼくはスーパーマーケットの会社に勤めていたんですが、辞めることを考えたのは就職初日からです(笑)

なんとなく、すぐ辞めるのも良くないかな、と思ってダラダラ続けていました。

何年か経った後、単純にこの会社大丈夫か?
と思い始め、普通に退職を検討。
周りにそれとなく相談してみると、決まって言われるのが 

「絶対に後悔するよ」

です。

  • 退職前に考えたようにはいかない。
  • 収入が下がったり、職場環境が悪化することもある。

 そんなことを言われました。

旦那さんが転職したパートさんからの忠告はやけに含蓄があって嫌だったなー(笑)
「お前の能力だとここ以上は無いよ」
ということかもしれませんが(笑)

辞めない後悔も考える

辞めずにこの仕事を続けると、
辞めなかったことに対して絶対後悔する
と考えていました。。

このまま好きでもないことを続けたくない、ということもありましたが、
「何もアクションをしなかった」
ということが、その後の人生にものしかかりそうな気がしていたんです。 

「やらずに後悔するなら、やって後悔したほうがいい」
とはよく聞く話です。

普段はキレイゴトですなーとか思うことですが、この時は本気で悩みましたね。 

ま、どっちでも大差ないんでしょうが(笑)

転職先を決めてから・副業から始めるも考えた

仕事を辞める場合、転職先を決めてから辞める人が多いのではないでしょうか。
ぼくの周囲ではそうでした。
上司と大喧嘩して、そのまま辞めていった破天荒な女子もいましたが(笑) 

ただぼくは辞めるならなるべく就職したくないと思っていました。
社会性ないんですよ(笑)

  • 集団行動苦手
  • 周りに気を使うのも苦手
  • 尊敬していない上司・先輩などからため口・呼び捨て嫌い

などなど(笑) 

会社員のうちに副業をはじめるのも、賢い選択だと思います。
正社員なら、よほどのことがない限りはクビにならないので、リスクヘッジができた状態です。
副業を小さくはじめて、稼げるようになったら専業に、という流れが作れると、リスクをかなり抑えられます。
可能なら、まずは副業を小さく始めるのが良いと思います。

ぼくがこっちで行かなかったのは、

  • 仕事がそこそこ忙しい
  • 家に帰ったら、エネルギーゼロ
  • 休日は寝たいor写真撮りたい

という甘ったれた理由です(笑)

あと、30代半ばに差し掛かってきていたというのも一つの理由です。
片手間で、いつか会社を辞めれたら―、なんてところまで行ける気がしなかったんですよねー。

そもそも会社がずっとあるわけではない

会社がずっと生き残っていけるわけではないというのも、辞めた理由のひとつです。

スーパーなど小売は売上が減っていくのが目に見えていますが、会社がやろうとしていることは安売りで競合他社と殴り合う(薄利多売)が基本路線。

人口減少が進んできているのに大丈夫か?

人が減ると食べる量が減っていくのは当たり前。

その分、必要な小売店は減っていくのも致し方なし。

その時会社は残っているのかな?

残っていたとして、リストラないかな?

その時自分は何歳だ?

…考えすぎですかね?(笑)

リストラ対象になるとは思ってなかったですが、会社の将来に不安は持っていましたよってことです。

東芝が死に体になる時代ですからね。

会社と心中すると、それこそ後悔しそうです。

で、辞めた|自分で選択すると後悔も少ないよ

こんなことをぐちゃぐちゃ考えた結果、
「よし、辞めよう」
で、辞めました。 

しばらくは貯金で何とかなるし、失業保険あるし、最悪実家に転がり込めるし、失業期間が長くなっても、まったく就職できないわけじゃないので、そんなにリスクは高くないなーと判断しました。

まぁこの判断が間違ってても別にいいです。
自分が決めたことですから、受け入れられます。
半年後にやるんじゃなかったって言ってるかもですが(笑) 

幸い、今のところ全く後悔しておりません。

一番嫌だったのが、やらずに後悔して、どんどん卑屈になることでした。

まぁそこそこ大きな決断だと思うので、そういう決断ができたということを無理やりにでも自信に変換してやっていこうと思います。

理想は
ブログで稼いで、旅行しまくる&写真撮りまくる
です。

まとめ|まずは自分にとっての最悪の状況を考えてみよう

自分語りが過ぎましたね(笑)

辞めるときには、辞めたあとの最悪の状況を想定してみてはどうでしょうか?

やりたいことが全部失敗した後も、暮らしていけるかどうかを想定してみると挑戦しやすくなるかもしれません。

ぼくは本読んで、たまに映画観て、写真を撮れたらそこそこ幸せです。
写真はお金がかかるので、無理なら絵を描くでもいいかな。

あとは最低どれくらい稼げば大丈夫か考えて、まぁ行けるかな、と踏みました。
というか、何かに挑戦して失敗という形なら、再就職は案外うまく行く気がするしね。 

まぁどれもこれも根拠のない話なので、根拠のない自信をもってやっていきましょう(笑)
ぼくはやりたいことやってたら、幸せだと思いますよ。
後悔を少なく生きて行ければいいですね(*^^*)

最後に、すぐに退職したい&体力・メンタル余裕なし以外の人は

  • 副業を小さくはじめること
  • とりあえず転職サイトに登録しておくこと

をおすすめします。

転職に興味があるなら、まず転職サイトに登録

この記事を見ている方は、「転職・退職する方」もしくは「転職・退職に興味がある方」が多いと思います。

まだ興味の段階の方も、まずは転職サイトに登録しておきましょう。
もし今すぐ転職する気がなくても、転職サイトに登録しておくのがおすすめです。

いざ転職しようという気になっても、心身ともに限界になってからでは、登録する気すら起きなくなります。
しんどい状況では、転職サイトの登録すら高いハードルとなってしまいます。
まだ余裕があるうちに登録しておきましょう。

また希望の条件を登録しておくと、条件にあった新規の求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届きます。
気になる求人情報をストックしておくだけでも「転職」という選択肢が頭に出来て、いざという時にスムーズに転職活動に移ることができます。
仕事を続けるにしても、頭に転職という選択肢があると、気が楽になりますよ。

転職に興味があって、転職サイトに登録していないなら、あなたは損をしているとも言えます。
転職求人はタイミングが大事です。
求人は採用が決まり次第なくなります。
あなたの憧れの企業が求人を出していても、登録していなければ、それを知ることすらできません。
登録無料なので、登録するかしないか、それが憧れの企業との縁を作るかどうかの分かれ道かもしれません。

またいろんな企業が求人を出しているので、見ているだけでもおもしろいです。
業界内で自分が働いている条件が良いのか悪いのか、他の業界と比べるとどうなのか、ということもわかるので、今後の身の振り方の参考になります。

繰り返しになりますが、転職サイトは登録無料です。
今すぐ転職する気がなくても登録しておきましょう。
今後の人生を好転させる、いいキッカケになるかもしれませんよ。

まず登録するなら登録者数や求人数が多く、取り扱っている業界も広い大手の転職サイトに登録しておきましょう。
おすすめは業界最大手の転職サイト「リクナビNEXT」です。

転職した方の約8割がしているという登録者数、求人数もポイントですが

  • 本格的な自己j診断「グッドポイント診断」
  • 転職活動前に知っておきたい「転職のノウハウ」
  • 第一線で活躍するプロのお話「プロ論。」

などコンテンツも豊富です。

最初の1つ、とりあえず登録するという方は「リクナビNEXT」への登録がおすすめです。

業界未経験業界未経験