ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!2日目「弥陀ヶ原」

【スポンサーリンク】

こんにちは、ねむねこです(*'ω'*)

 

本日は原因不明のめまいが起こり、せっかく久しぶりに晴れているのに家で安静にしております。

写真撮りに行きたかった(´;ω;`)ウゥゥ

 

さて、今回は立山黒部アルペンルート旅行の2日目後半です!

午前中に称名滝・美女平に行ったあと、

弥陀ヶ原」にむかいました!

【スポンサーリンク】
 

 

 

立山高原バスで美女平から弥陀ヶ原へ

弥陀ヶ原

美女平での観光を終えて、美女平駅から立山高原バスで「弥陀ヶ原」にむかいました!

乗車時間は約30分。

ぼくは12時40分美女平発・13時10分弥陀ヶ原着の便に乗りました!

 

到着後、すぐに次に乗るバスの予約を求められます。

「予約しなきゃダメ!!」ってな感じで結構な圧で求められました(笑)

ぼくは弥陀ヶ原に宿泊の予定で、次の日の何時のバスに乗るかは決めていなかったので、その場で予約しませんでしたが(笑)

というか、決めてるのが普通なのかな?

他の人は予約してたけど。

 

それは置いといて、弥陀ヶ原ホテルで昼食を食べに行きました!

昼食のラストオーダーが迫ってましたんで!!

弥陀ヶ原でランチを食べるにはここしかありませんでした。

白えびも食べられますよー!!

レストラン 大日|レストラン|弥陀ヶ原ホテル【公式サイト】

【スポンサーリンク】
 

 

弥陀ヶ原を散策!10月でも山の上はもう紅葉!

昼食を食べたあと、弥陀ヶ原の散策へ!しかし、

雨☂

午前中に少し止んでいた雨が強くなってきました(-_-;)

 

まぁ仕方ないので、雨具を装備して散策へ出かけました!

 

弥陀ヶ原

こんな感じの木道がずっと続きます。

弥陀ヶ原

10月初旬には紅く色づいていました。

弥陀ヶ原

広くていろんな植物が見られます。

弥陀ヶ原

雨が降っていなければ…。

弥陀ヶ原

結構広いんです。

弥陀ヶ原

木道はすれ違えるようになってます。

弥陀ヶ原

しげみにも分け入ります!

とこんな感じで1時間ほど歩いていましたが、雨が本格化してきましたので、予約していた宿にチェックインしました!

 

宿泊は国民宿舎の立山壮|弥陀ヶ原で雲海を見たかった…

 さてさて、宿は国民宿舎の「立山壮 」です。

▼ここ 

国民宿舎 立山壮
山の中には「弥陀ヶ原」と「室堂」に宿泊地があり、弥陀ヶ原には「弥陀ヶ原ホテル 」とこの「立山壮 」の2つです。

 

ぼくが弥陀ヶ原に泊まろうと思ったのは「雲海」が見たかったからです!!

▼こんなの

 特に早朝に現れやすいということでした!

 

ですが翌朝は…

弥陀ヶ原

真っ白

うん、まぁくもり~雨予報だったからね…。

無念。

 

それは置いといて、

部屋は和室でした。

国民宿舎だからなのか、質素な感じで、 必要最低限のものがあるって感じです。

部屋は他に洋室もあるようです。

 

お風呂は大浴場で、混みあう時間を外せば、広々使えます!

あ、バスタオルは有料で貸し出しです。

 

 食事は特別な何かがあるわけではありませんが、おいしいし、量もたっぷりです!!

 

あ、Wi-Fiが使えるようになっていますが、部屋ではほぼ使えません!

ロビーでの使用のみになるので注意してください!

 

天気さえよければ、雲海はもちろん、星空も期待できます!

アルペンルート内のお宿に泊まるのも立山黒部アルペンルートの魅力のひとつですよ!

 

次は弥陀ヶ原ホテル に泊まってみたいですねー。 

おまけ|立山壮の近くにも展望台あり〼

ぼくが宿泊した立山壮の裏手にも山々眺める展望台があります。

弥陀ヶ原 立山壮 展望台

弥陀ヶ原 立山壮 展望台

もし弥陀ヶ原に行くなら、立山壮の周辺も散策してみましょう!

 

まとめ|秋の弥陀ヶ原は色づいていてきれいですよ!

こんな感じで2日目は終了しました!

 

晴れてたら、もう少し散策したかったし、室堂にもう一度行きたかったですねー。

 

もしアルペンルート内のホテルに泊まるなら、弥陀ヶ原か室堂になります!

 

室堂が人気ですが、雲海がまじかで見られる弥陀ヶ原もおすすめです!

 

まぁ…、

晴れてたらなー!!

 

そんな感じでおわりです!

読んでいただき、

ありがとうございました(*'ω'*)

 

関連記事

立山黒部アルペンルートに関する他の記事はこちらです。

17年10月|秋の立山黒部アルペンルートに行ったよ!1日目「室堂」 - ねむねこらぼ

秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!2日目「称名滝・美女平」 - ねむねこらぼ

【スポンサーリンク】