ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

秋の立山黒部アルペンルート一人旅|旅程・アクセス・服装・持ち物まとめ

【スポンサーリンク】

立山黒部アルペンルート|室堂

こんにちは、ねむねこです(*'ω'*)

めまいは治まってきましたが、不眠に拍車がかかってきている今日この頃です!

 

今回は先日完結した「秋の立山黒部アルペンルート」のまとめ記事です。

内容はそれぞれの記事で書いているので、旅程などそれ以外のことを書いていきます。

【スポンサーリンク】
 

 

 

旅程・運賃|アクセスと所要時間まとめ

立山黒部アルペンルート|紅葉の大観峰

立山黒部アルペンルートは富山から長野まで、立山を貫くルートです!

富山側からでも長野側からでも特に縛りはなく、好きな方から行きましょう!

 

旅程

ぼくは富山側からにしました!

大阪からだとそっちの方が近いので!

1日目

大阪

↓特急サンダーバード:2時間43分

金沢(乗り継ぎのみ)

北陸新幹線かがやき:21分

富山(ブランチ)

↓徒歩すぐ

電鉄富山(アルペンルートスタート地点)

↓富山地方電鉄:約1時間

立山(乗り継ぎのみ)

立山ケーブルカー:7分

美女平(乗り継ぎのみ)

立山高原バス:50分

室堂(観光:約3時間)

立山高原バス:50分※最終15時40分

美女平(乗り継ぎのみ)

立山ケーブルカー:7分

立山(宿泊:ホテル森の風立山 )

 >>17年10月|秋の立山黒部アルペンルートに行ったよ!1日目「室堂」 - ねむねこらぼ

2日目

立山

↓路線バス:15分、徒歩:30分

称名滝(観光:約1時間)

↓路線バス:15分、徒歩:30分

立山(乗り継ぎのみ)

立山ケーブルカー:7分

美女平(観光:約1時間)

>>秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!2日目「称名滝・美女平」 - ねむねこらぼ

立山高原バス:30分

弥陀ヶ原(昼食・観光:※約1時間30分、宿泊:立山壮 )

>>秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!2日目「弥陀ヶ原」 - ねむねこらぼ

3日目

弥陀ヶ原

立山高原バス:20分

室堂(乗り継ぎのみ)

立山トンネルトロリーバス:10分

大観峰(観光:約40分)

>>秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!3日目「大観峰」 - ねむねこらぼ

立山ローブウェイ:7分

黒部平(観光:約30分)

黒部ケーブルカー:5分

黒部湖(観光:約1時間)

↓徒歩:約15分

黒部ダム(観光・昼食:約1時間10分)

>>秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!3日目「黒部平・黒部湖・黒部ダム」 - ねむねこらぼ

関電トンネルトロリーバス:16分

扇沢(乗り継ぎのみ)

↓高速バス:40分

信濃大町(アルペンルートゴール)

↓JR大糸線:約1時間

松本市(夕食・観光:約1時間、宿泊:天然温泉 梓の湯 ドーミーイン松本 )

 

4日目

松本市(午前観光・昼食:約2時間40分)

↓特急:2時間9分

名古屋

↓新幹線:50分

新大阪

>>秋の立山黒部アルペンルート一人旅!3~4日目「扇沢~松本」 - ねむねこらぼ

詳しい内容は記事を貼っているので、そちらを見てみてください!

※2日目の午後から雨なので、弥陀ヶ原観光は短めです。

切符・運賃

立山黒部アルペンルートは乗り物を乗り継いで行きます。

もちろんそれぞれに運賃がかかります。

それぞれバラバラに買うこともできますが、電鉄富山駅立山駅、扇沢駅などで目的地までまとめて買っておくといいでしょう。

ぼくが買ったのは、

です!これにはお得な切符もあります。

  • 平日割WEBきっぷ:7480円

土日祝だと通常と同じ料金のようです。

これ以外にも目的地までの往復きっぷやJRとセットになった切符などがありますので、公式ホームページを確認してください!

▼詳しくはこちら

運賃・きっぷ|立山黒部アルペンルート

 

立山駅、扇沢駅までの運賃は次の通りです。

ちなみに電鉄富山信濃大町駅までは

  • 通常:10,730円
  • 平日割WEBきっぷ:9,920円

になります!

 

なお、1日で通り抜けるなら6~7時間が目安のようです。

 

まとめ

  • 切符は事前に必要分買っておく
  • 平日なら平日割WEBきっぷを買う
  • 運賃は1万~1万1千円
  • 1日での通り抜けは6~7時間が目安 

【スポンサーリンク】
 

服装・持ち物

f:id:nemuneco-r:20180920174859j:plain

ぼくが行ったのは10月上旬で、立山の平均気温は10℃前後でした!

と言っても、雨も降ったのでたぶんもう少し寒かった(笑)

晴れでも肌寒い気温なので、防寒対策は必要です。

ぼくが持って行ったのは以下の通りです!

 

持ち物

  • 折り畳み傘
  • 洗面用具
  • モバイルバッテリー×2
  • 充電器×2
  • ウォークマン+イヤホン
  • カメラ本体+レンズ
  • 付け替え用レンズ
  • トラベル用三脚

こんな感じです!

インナーには速乾性が高い登山用のアンダーウェアがいいですよ!

足りないのでヒートテックを持っていきましたが、汗が乾かないので、汗冷えしてしまいます。

結構歩くので、汗かきやすいんです!

▼ぼくが持ってるやつ

 また一応雨具で折り畳み傘を持って行ってましたが、防水性・撥水性の高いマウンテンパーカーとトレッキングパンツだったので、ほとんど使いませんでした!

大雨でもない限りは十分かと!

雨で足元が悪くなるので、両手が使える方が安心ですしね!

▼こいつらも持ってるやつ

 

 ただ、雨で足元が冷えてしまいました。

スニーカーじゃなくて、トレッキングシューズがあるとよかったかなぁ…。

軽く山登ったしね(笑)

 

公式ホームページにも服装・持ち物のアドバイスがあるので、チェックしてみてください!

▼詳しくはこちら

服装と持ち物アドバイス|立山黒部アルペンルート

 

まとめ

  • インナーは登山用アンダーウェアがおすすめ!
  • 防水性・撥水性の高いマウンテンパーカーとトレッキングパンツがあると雨具要らずで便利!

 

まとめ|準備をしっかりして、アルペンルートを楽しみましょう!

立山黒部アルペンルート|黒部ダム観光放水

今回はぼくが行った旅程や服装などなどを振り返りました!

自分がまた秋にアルペンルートに行くことがあれば役立つし、ほかの誰かの役に立つと嬉しいです!

 

しっかり準備をして、立山黒部アルペンルートを楽しんでください!

 

そんな感じでおわりです!

読んでいただき、

ありがとうございました(*'ω'*)

 

ランキングに参加してみました!

下のバナーをクリックすると、ポイントが入る仕組みです。

応援のクリックお願いします。1日1回有効です。

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

ありがとうございます!

関連記事

立山黒部アルペンルートに関する他の記事はこちらです。

17年10月|秋の立山黒部アルペンルートに行ったよ!1日目「室堂」 - ねむねこらぼ

秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!2日目「称名滝・美女平」 - ねむねこらぼ

秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!2日目「弥陀ヶ原」 - ねむねこらぼ

秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!3日目「大観峰」 - ねむねこらぼ

秋の立山黒部アルペンルートひとり旅!3日目「黒部平・黒部湖・黒部ダム」 - ねむねこらぼ

秋の立山黒部アルペンルート一人旅!3~4日目「扇沢~松本」 - ねむねこらぼ

【スポンサーリンク】