ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

この4つに気をつけろ!転職エージェントを利用する時に注意すること

【スポンサーリンク】

転職活動を強力にサポートしてくれる存在「転職エージェント」。

特に働きながら転職活動をする人には頼りになる存在です。

  • 書類作成
  • 求人を探す
  • 年俸交渉

などなど、エージェントが代わりにやってくれるので、効率的に転職活動を進められます。

その転職エージェント利用する上で、注意しないといけないことを紹介していきます。

転職エージェントとの初面談は準備を念入りに

転職エージェントを決めると、まずは担当エージェントとの面談になります。
面談はなるべく念入りに準備をしましょう。
自分のスキルや進みたい方向性、やりたい業務などできるだけ具体的に伝えると、紹介してもらいやすくなります。

「色んなことに挑戦したい」
「仕事にはこだわらない」
というような、どういう仕事に就きたいのかわからない、ザックリしたことをエージェントに言うのはやめましょう。

エージェントの仕事相手は転職活動をしている「あなた」だけではなく、求人を出している「企業」でもあります。
ザックリしたことをエージェントに言うと、「考えが浅い」「ビジョンがない」と判断されかねません。
そういった人材を企業が求める人材として合うかわからない、と考え、積極的に企業を紹介しづらくなります。

面談の準備は最低限これをやりましょう

面談で具体的に伝える、というのがハードルになる方もいるでしょう。
その時は
「これまでどんな仕事をやってきたか」
「どんなスキルがあるのか」
はキチンと説明できるようにしておきましょう。

その上で
「こんな業界に行きたい」
「こんな業務がしたい」
と言えれば、ただザックリとしているよりも印象は違います。

転職エージェントは求職者と企業の仲人のようなものです。
強力な味方ではあるものの、企業との結びつきもあることを意識しましょう。

※どうしても時間がない&行きたい業界がない場合は、とにかく前向きな姿勢を見せましょう!

転職エージェントは複数登録

転職エージェントは1社だけでなく、複数登録するようにしましょう。

転職エージェントには

  • いろんな業界からの求人を取り扱う大手
  • 特定の業界やキャリアなどの求人を取り扱う特化型

と大きく2通りに別れますが、最低でもそれぞれ1つずつ登録しておくのがおすすめです。

大手のエージェントはいろんな業界からの求人を取り扱っており、業界同士の比較もできます。
エージェントもたくさん在籍しているので、エージェントと相性が合わないなら、エージェントを変えてもらうことも容易です。
ですが、多数の転職希望者が登録しているので、やり取りが遅れてしまうことがあります。

特化型の転職エージェントは特定の業界に強いエージェントが揃っており、業界の知識が豊富です。
また企業と強いつながりを持っていて、企業の情報が濃いのも特徴です。
ですが求人の幅が狭く、紹介できる求人数が少なくなるのが難点です。

最低でもそれぞれ1社ずつ登録して、幅広く情報を集めるようにしましょう。

転職エージェントとの連絡は密に取る

転職エージェントに登録したら、連絡を密に取ることも重要です。

特に応募企業の選考スケジュールは必ず共有しまししょう。
転職エージェントを経由せずに応募した企業のスケジュールも必ず報告します。
転職エージェントもすべてのスケジュールを把握していると、併願している企業の選考スケジュールに合わせて調整しやすくなります。

また面接後の報告も大切です。
面接後当日中に面談の感触と、その企業で働きたいという意欲を伝えておきましょう。
選考が当落線上なら企業の採用担当が、転職エージェントに連絡を取ることがあるので、後押ししてもらえます。

このようにエージェントとコミュニケーションをしっかり取ることはとても大切です。

合わないと思ったら、転職エージェントを変えてもらう

自分と相性が合わない、興味がある業界に弱い、といったエージェントが担当になってしまった場合は、エージェントを変えてもらうことが可能です。

我慢して合わないエージェントに担当してもらっても、ストレスになりますので、その時はスパッと変えてもらいましょう。

担当エージェントが希望の企業と強いつながりを持っていた場合、入手しづらい情報や面接対策、企業への後押しなどが期待できます。

もしかしたら、変えてもらうことに罪悪感を持つかもしれません。
ですがエージェント次第で合格率がガラッと変わってしまいます。
相手もプロですので、あまり気にせず変えてもらいましょう。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェントは登録者数、求人数、転職支援実績、顧客満足度が最大の転職エージェントです。

求人数は10万件以上で、その80%が非公開求人になっており、多数の求人から最適な紹介してもらえます。

キャリアアドバイザーが面談で強みを発見したり、書類の作成・添削、面接対策だけでなく企業への後押しもしっかり行ってくれます。
国家資格のキャリアコンサルタントの有資格者が多く、サポートがしっかり行ってくれるのも特徴です。

業界大手の1社として「リクルートエージェント」がおすすめです。

おわりに

転職エージェントは転職をする上での1つのツールのようなものです。

転職エージェントが合わない、自分がマイペースに転職活動をしたい、といった場合は転職サイトを利用するといいでしょう。
すぐに転職する気はない、という方はエージェントから連絡が来てしまうので、転職エージェントより、転職サイトの登録がおすすめです。

ただ転職エージェントはうまく活用できると転職する上でとても強力な味方になります。
特に

  • どのように転職活動していいかわからない
  • 転職活動する時間があまり取れない

という方は一度利用することを特におすすめします。
登録・利用は無料ですので、転職を真剣に考えている方はぜひ登録してください。