ねむねこらぼ

旅・カメラを中心に色んなことを書いていく雑記ブログです。

退職後に転職活動をするメリットとデメリット

【スポンサーリンク】

退職後に転職活動するメリットとデメリット

今回は「退職後に転職活動をするメリットとデメリット」についての記事です。

メリット・デメリットをそれぞれ挙げて、一つ一つ紹介していきます。

「働きながらの転職活動のメリット・デメリット」は以下の記事で紹介しています。

www.ryotawada.com

グッドポイント

1.退職後に転職活動をするのメリット

退職後に転職活動するメリットとデメリット

1-1.転職活動に集中できる

在職中に転職活動をするなら、いかに時間を取って、効率よく転職活動をするかが勝負になってきます。
その結果、体力的にも精神的にも消耗してしまうおそれがあります。

退職後に転職活動をする場合は、抱えている仕事がない分、転職活動に集中できます。

業界分析や企業分析などにも時間が取れるので、自分が納得行くまで転職活動に取り組むことができます。

逆に集中して行うことで、在職中の転職活動と比べてスピーディーに転職活動を終えることも可能です。

1-2.有給休暇は消化できる

転職先が決まってから退職する場合は、有給休暇を全て消化できないおそれがあります。
転職先の初出勤日までに消化する日数が足りなくなる場合があるからです。

退職後に転職活動をする場合は、この日までという制限がないので有給休暇を全て消化できます。

また有給休暇中に転職活動をすれば、お金をもらいながらの転職活動が可能です。

▼有給休暇についての記事

www.ryotawada.com

1-3.円満退職できる

有給消化と同じように、この日までという制限がないので、引き継ぎをしてから退職が可能です。

在職中の転職活動後でも可能といえば可能ですが、転職先の初出勤日と有給休暇の残日数によっては最終出勤日がスグ来るため、引き継ぎがしっかりできないことがあります。

  • 引き継ぎがキチンとできずに揉める
  • 有給を捨てる
  • 退職後にも連絡が来る

といった面倒が回避できます。

ただし、引き継ぎのためという名目で無駄に退職日を引き伸ばされる恐れもあるので、その点は注意が必要です。

▼円満退職についての記事

www.ryotawada.com

2.退職後に転職活動をするデメリット

退職後に転職活動するメリットとデメリット

2-1.安定収入がなくなる

退職すると、安定収入がなくなります。

  • 貯蓄が十分にある
  • 失業保険をスグに受給できる

という場合はそれほど大きなデメリットではありません。

ですが貯蓄が十分でなく、失業保険をスグに受給できないと、生活に困ってしまいます。

安定収入の有無は精神的な安定にも関わってきますので、転職活動に焦りが出るなど、転職活動にも悪影響が出る恐れがあります。

2-2.転職先がなかなか決まらない場合のリスクがでかい

転職先がなかなか決まらない場合は経済的にも精神的にも消耗してしまいます。
職歴の空白期間が長くなり、採用に不利になるとも言われています。

時間が経てば経つほど、これらのリスクが増えていきます。

これが転職を決めてから退職したいと考える人が多い理由ですね。

まとめ|有給消化中に転職活動をするとリスクはかなり減る

退職後に転職活動するメリットとデメリット

メリット

  1. 転職活動に集中できる
  2. 有給休暇を消化できる
  3. 有給休暇中に転職活動ができる
  4. 円満退職できる

デメリット

  1. 安定収入がなくなるので、経済的・精神的に不安定になる恐れがある
  2. 職歴の空白期間が長くなると、採用に不利になる可能性がある
  3. 転職活動が長引くほど、上記のリスクが高まる

このように並べると、デメリットが多いように感じます。

ですが有給休暇中に転職活動をすれば、長くて2ヶ月はお金をもらいながら転職活動ができるので、リスクはかなり少なくできます。
会社都合で退職できれば、スグに失業保険を受給できるので、経済的なリスクは更に下がります。

有給消化中の転職活動は在職中の転職活動ですので、職歴に空白ができるリスクはありません。
もし有給消化中に転職先が決まらなくても、数ヶ月の職歴の空白なら影響はありません。
(ハローワークによると3ヶ月までは大丈夫とのこと)

退職後の転職活動後は、採用面接の時間調整が柔軟に行えるので、スピーディーに転職活動を終える可能性が上がります。
転職活動期間の平均は3ヶ月~半年と言われています。(リクナビNEXT調べ)
ですがこの平均は在職中に転職活動をする人を含んでいるので、退職後に転職活動をすると、更に短い期間になると考えられます。

「在職中の転職活動」か「退職後の転職活動」かのどちらが良いかは個々人のリスク判断です。
ですが退職後の転職活動も、そこまでリスクが高いというわけではないということも頭に入れておくといいでしょう。

転職に興味があるなら、まず転職サイトに登録

退職後に転職活動するメリットとデメリット

この記事を見ている方の中には、「転職・退職する方」もしくは「転職・退職に興味がある方」がいるかと思います。

まだ興味の段階の方も、まずは転職サイトに登録しておきましょう。
もし今すぐ転職する気がなくても、転職サイトに登録しておくのがおすすめです。

いざ転職しようという気になっても、心身ともに限界になってからでは、登録する気すら起きなくなります。
しんどい状況では、転職サイトの登録すら高いハードルとなってしまいます。
まだ余裕があるうちに登録しておきましょう。

また希望の条件を登録しておくと、条件にあった新規の求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届きます。
気になる求人情報をストックしておくだけでも「転職」という選択肢が頭に出来て、いざという時にスムーズに転職活動に移ることができます。
仕事を続けるにしても、頭に転職という選択肢があると、気が楽になりますよ。

転職に興味があって、転職サイトに登録していないなら、あなたは損をしているとも言えます。
転職求人はタイミングが大事です。
求人は採用が決まり次第なくなります。
あなたの憧れの企業が求人を出していても、登録していなければ、それを知ることすらできません。
登録無料なので、登録するかしないか、それが憧れの企業との縁を作るかどうかの分かれ道になってしまいます。

また色んな企業が求人を出しているので、見ているだけでもおもしろいです。
業界内で自分が働いている条件が良いのか悪いのか、他の業界と比べるとどうなのか、ということもわかるので、今後の身の振り方の参考になります。

繰り返しになりますが、転職サイトは登録無料です。
今すぐ転職する気がなくても登録しておきましょう。
今後の人生を好転させる、いいキッカケになるかもしれませんよ。

まず登録するなら登録者数や求人数が多く、取り扱っている業界も広い大手の転職サイトに登録しておきましょう。
おすすめは業界最大手の転職サイト「リクナビNEXT」です。

転職した方の約8割がしているという登録者数、求人数もポイントですが

  • 本格的な自己j診断「グッドポイント診断」
  • 転職活動前に知っておきたい「転職のノウハウ」
  • 第一線で活躍するプロのお話「プロ論。」

などコンテンツも豊富です。

最初の1つ、とりあえず登録するという方には「リクナビNEXT」への登録がおすすめです。